迷走日記

タイトルすらまともに考えられん・・・ちなみにスマホでもPC版で見た方がきれいだよ

洲本のお寺めぐりと商店街を歩いて思うこと

ホテルチェックアウトしたあと。
送迎バス乗って、洲本バスセンターへ。

このあとの予定は洲本をちょっとだけぶらぶらして、早めに神戸に戻って散策するつもりやってんけど。
つれが、いろいろ案を出すもんやから。
予定変更して、路線バス乗って淡路島の違うとこも寄って帰ることにしたので。

路線バスが出るまでの間、洲本市街をのんびり散策~

まずはお寺がいっぱい並んでる通りを歩いてみた。
DSC03454


こちらは江国寺。


きれいに手入れされたお寺やわ〜
DSC03455



ほう。。。(蜂須賀氏とか初めて聴くな。。。)
DSC03456



あら?ここにもお登勢の名前が。
DSC03458


これを見るたびにつれが、

 お登勢って誰?

って聞くんやけど、私もしらんがな。。。

調べてみたら、船山馨の小説の主人公らしい。

実在してたわけじゃないんよね?

何度かドラマ化されるほどいい小説みたいやし、今度読んでみよ。



マンホールのマークがあれみたいでかわいい。。。
DSC03459



こちらは仁王像が迫力あるね♪
DSC03467



ほんでこれが。。。
DSC03468



踏んでる〜
DSC03470


これはそういうもんなん?

また京都でもそんなんあるか見てみよ〜



中はなかなか立派なお寺。
DSC03471



月夜大師って何ぞや??
DSC03473


と思って調べたら、

 真っ暗だった道で弘法大師が念じたところ、月が顔を出して周囲を照らしたという言い伝え

から生まれたらしい。

それはご利益ありそうやわ♪
(けど、このときそこまで知らんくて見ただけやったけど。。。)



他にもいろいろ
DSC03476



お寺があったわ。
DSC03478



なんでこんなにお寺が並んでいるのかというと。

 江戸時代に淡路を支配していた蜂須賀氏が城への通り道に寺院を集め、防衛の拠点としたため

なんだそうな。。。

お寺って、当時の権力などに影響を受けてたんやなぁ。。。


寺町八ヶ寺
〒656-0025 兵庫県洲本市本町
見学自由

浄光寺 : 浄土真宗本願寺派/阿弥陀如来
称名寺 : 西山浄土宗/阿弥陀如来
専称寺 : 浄土宗/阿弥陀如来
遍照院 : 高野山真言宗/弘法大師
千福寺 : 高野山真言宗/愛染明王・薬師如来
本妙寺 : 法華宗/十界勧請曼荼羅
浄泉寺 : 真宗大谷派/阿弥陀如来
江国寺 : 臨済宗/釈迦如来






ほんで、商店街に辿り着いた。
DSC03479


寂れてるなぁ。。。

なんて思ってたら、つれが

 イオンがあるからかな?

とつぶやいた。

あ、そうかもしれないね。

イオンができると便利になるけど。

もうちょい、いいやり方はなかったんだろうか?と思ったりするわ。

イオンができる前から寂れてたんかもしれんけど。

せっかくある商店街を活かせるような。。。



ただ、大型店ができてダメになってしまうようなお店も理由はあるわけで。

なかなか難しい問題だと思うけどね。。。



こちらはさっきより少し明るいわ~
DSC03481




全体的にこのくらいだったらいいのにね〜



応援よろしゅう♡
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキングも押してね~♡





では、もう少し歩いてみることにしましょう。。。



スポンサーサイト