迷走日記

タイトルすらまともに考えられん・・・ちなみにスマホでもPC版で見た方がきれいだよ

丹波杜氏と鳳鳴酒造ほろよい城下蔵♡

河原町妻入商家群を散策したあと。

やってきたのは。。。
DSC03849


丹波杜氏酒造記念館。



丹波杜氏とはなんぞよ?

と、ここでも恥ずかしげもなく無知っぷりを披露するけど。

知らないことを知ったかぶるよりいいやろ〜などと思ってたりするねん。



で、話戻して。



wikiによると。

そもそも杜氏とは、日本酒の醸造工程を行う職人であり、酒蔵の最高製造責任者で。

丹波杜氏とは、丹波の杜氏集団のことをいうらしい。

灘の蔵元は、ほとんどが丹波杜氏で占められていたそうなんだと。



…というわけで。



こちらの記念館は丹波杜氏について知ることができる記念館ね。
DSC03850



こちら、酒造りの工程が展示されていて。
DSC03851



こうやってお酒が作られるんだなぁ〜と
DSC03852



勉強になるわ〜
DSC03855



なんて、素直な感想だとそうなんだけど。
DSC03862



私が住んでるのは京都伏見なので。
DSC03870



実はこういう展示は結構馴染みがあるわけよ〜
sasayama



ちなみに伏見のお酒は女酒、灘のお酒は男酒といわれ。

味に違いがあるんやけど。
(伏見は甘口、灘は辛口)

それは作り方の違いではなく、使われる水の違いみたいね〜




どちらのお酒もおいしいお酒であるのは間違いないし。

それは杜氏さんのおかげということなんやね〜




丹波杜氏酒造記念館
兵庫県篠山市東新町1-5
TEL:079-552-0003
営業時間:平日10:00〜17:00、土日祝祭日10:00〜16:00
定休日:12/28〜1/4、12月~3月の期間中、土日祝日は休館
協力金100円





そのあと。

お酒に関係するもう1つの場所へ向かってん。

その途中に。
DSC03875


元篠山藩家老屋敷やて〜

今はホテルになってるみたいね☆




そして、こちらが鳳鳴酒造ほろよい城下蔵ね☆
DSC03876



お店の奥に進むと。
DSC03877



こちらも見学ができるという。。。
sakagura



こちらも酒造りの道具などが
DSC03879



いろいろ展示されてたわ。
DSC03880



店舗と一緒になってるのもあって。
DSC03881



こちらはお客さんがいっぱいいてはった♪
DSC03882



一通り
DSC03883



見たあと
DSC03888



さて、なにを買おうかな〜と思ってたら
DSC02487



お!これよさそう♡
DSC02489


では、いただきます♡
DSC03890


楼蘭サイダーは、黒豆リキュール楼蘭をささやまサイダーで割ったもの。

100円でいただけるっていいよね〜

美味しかった♡





関連ランキング:日本酒 | 篠山口駅





では、次はブロガーパス使えるとこまわりましょ♪



応援よろしゅう♡
にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキングも押してね~♡




スポンサーサイト